なぜ渋野日向子なのか?

全英女子オープン優勝からの、、

 

夏以降の日本の女子プロトーナメントはほとんどシブコカメラが設定されている、、優勝争いしなくても、、シブコはいつもテレビに写っている、、それだけすごいことなのだ、、イギリスのメジャーを日本人が勝ったのだ、、、、、彼女は今年日本のメジャーを茨城ゴルフ・茨城ゴルフ倶楽部東コースで勝っているのだが、、、実はそれとは比較にならないくらいの勝利だ、、全英女子オープンは、、、、、茨城ゴルフでもイーグルポイント(茨城稲敷郡)でも彼女をまじかで見たが、まさに笑顔でファンを魅了しいた、、すごい、、、、

全英女子オープン 放映よりキャプチャー

 

 

 

たらたらしてんじゃねぇ〜よ

特に、、最終日、優勝を争っていた16番ホール、、カメラ目線で、駄菓子「たらたらしてんじゃねぇ〜よ」を食べながらとぼけ、微笑んでいたときには恐ろしささえ感じた、、

https://dagashido.arriveatonce.co.jp/bara/materi/1D03606.htm

 

全英女子オープン 放映よりキャプチャー

 

このカメラ目線は全世界に発信された、、誰もが緊張する最終日16番優勝争いの中だ、、、、、

スマイルシンデレラ、、誕生の瞬間だ、、、、、

全英女子オープン 放映よりキャプチャー

 

彼女の強さは、、

メンタルだけではない、、

ハンドダウンだ、、

アドレスの際に普通の位置よりグリップが低い位置になることだ、、普通の人は足の付け根くらいの位置がグリップの高さだが、、それより以上に低い、、、このメリットは多いのだ、、、、1番の利点は体制が低いため、低く長くインパクトが可能となる点だ、、低くクラブヘッドがはいると、、なにが違うかって、、それは水平にボールにインパクトができるのだ、、これは何を意味するかというと、、クラブのエネルギーの伝達の効率がかなり上がるのだ、、飛距離アップもあるが以下の利点がある、、

 

・ドライバーは飛距離アップ、、

・無駄なスピンがなくなる、、距離があう、、特にアイアンが、、

・インパクト前後のヘッドの動きがストレートなので方向性が正確になる、、

・リストに角度ができるとバックスイングでのリストコックがいらない、、

・当然リストの角度はタメができ、、ヘッドスピードも速くなる、

 

などなどだ、、、、

 

ただし、、気をつけなければいけないことは、、グリップを下げることによってトゥがあがる、、つま先上がりに近いアドレスになる、、つかまりやすくなる、、もしくはダフる可能性も高くなる、、当然肘を伸ばすことがハンドダウンのポイントなので手首、肩への負担がかかる、、、だからこそ、、全英オープン後や勝利をおさめた後の彼女はなぜか、、疲れたように見える、、顔は笑顔なのだが、、、、

 

 

参照 https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190925/spn1909250001-n2.html

 

 

 

 

全英女子オープンをみた後の、、向かったアーリー・バードゴルフでは、シブコパット!!と言いながら強めのパットでことごとく3パットとなったことはいうまでもない、、私はスマイルシンデレラにはなりきれない、、たらたらしている、、、

 

 

TOP PAGE!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA