日本海冬紀行〜佐渡島〜

冬の日本海!

今日は、茨城から遠く離れたここにきた。。

冬の日本海の荒波を越えて、、この島に、、

この島は大雪が出迎えてくれる、、、、

 

 

銀座にも店を出したこの寿司屋!

まずは、ここだ!

銀座にも店を出したという島内では、有名な廻る寿司の「弁慶」だ!

もともと魚屋さんだったのだが、この魚屋さんが寿司屋さんをはじめたようなので、新鮮なネタがはいるようだ、、

ここでは、まず寿司には、手を出さず、隠しメニューの刺身盛り合わせだ、

 

これだけの冬の日本海の海の幸が、なんとたったの1000円だ、、そして、寒ブリが、旬だ!

日本酒は、佐渡地酒 真稜の吟醸だ!

絶妙にあう!

素晴らしい!

そして、寒ブリのトロの握りが絶品なのだ! あまりに絶品なので、写真を撮り忘れた!

 

 

あの「庄や」グループだ!

実は、居酒屋チェーンの「庄や」グループの創業者は佐渡両津の出身なのだ、、その庄やグループがこの佐渡汽船ターミナルビル3階にこの店

「よろこんで」を営業している、、

 

わたしの一番お気に入りのこの日本酒だ、、エールフランスのファーストクラスはこの酒を提供しているようだ、、

 

そしてこれだ 寒ブリの炙りだ、、

 

ハラミとスペアリブとのことだ、、アブラがいい!!!

そしてこの地物 中トロ、ヒラメ、寒ブリだだ、、

 

実は佐渡は、加茂湖という湖での牡蠣も有名なのだ、、この牡蠣フライはすばらしい、、これは知らない人が多い、、

 

新春早々「よろこんで」といった感じだ、、

 

実は佐渡島には5つの酒蔵がある、、

北雪、金鶴、真野鶴、真稜、天領盃 だ、、、

狭い島と思われがちだが、人口も数万人いる、、

 

そして「よろこんで」からのお年玉はこれだ、、

「春駒」という地元の伝統芸能だ!

すばらしいひとときだ、、

 

 

 

そして締めはなんと寿司屋のこれだ、、

 

島民からは絶大なる人気のあるこの寿司屋さんだ、、

普通の寿司も美味しいが、この寒ブリを贅沢に使った、「おけさ巻き」は絶品だ!

そしてこの寿司屋、、寿司だけでない、、このあっさりラーメンが有名だ、、

トビウオだし(あごだし)の絶品だ、、、

 

佐渡はこういった、ラーメンも海の幸をつかったあっさりしたものが有名だ、、

 

 

国仲平野という、佐渡中心部分だ、、ここも実は米どころだ、、そして運が良ければ朱鷺が羽ばたいているところを見ることもできる、、

 

平成最後の新春だ、、やはり冬の日本海はいい、、

 

 

TOP PAGE!!!へ戻る