茨城ゴルフ倶楽部西コース

茨城ゴルフ倶楽部西コース

 

ここにくるまで、苦節一年かかった、、、、

やっとここにたどり着いたという感じだ、、

なかなかラウンドできないコースだ、、

心から楽しみにしていた、西コースでのラウンドが実現する、、、

 

ご存知のように茨城県内100以上あるゴルフ場の頂点と言ってもいいコースだ、、

名門、戦略性、難易度、歴史、ホスピタリティー、、

 

 

県内、、

トーナメントの開催実績はナンバーワンだ、、

 

近年では、言わずと知れた、、女子メジャーの

ワールドレティスサロンパスカップ!

の開催コースだ、、、

クラブハウス フロントに入るなり、その興奮が、甦ってきた、、

そう、ちょうど数週間前のゴールデンウィークにはここにいたのだ、、

ラウンドではない。

おそらく今年一番となる名勝負を観戦した。

ワールドレティスサロンパスカップ!

シンジエと鈴木愛の最後までの戦いは素晴らしかった、、、

残念だった、、、女王鈴木愛、、

パットの女王でもある鈴木愛が、ショートパットを外すような、、厳しい、硬い設定、、

今日のラウンドのための贅沢な下見だった、、

別の記事でもその詳細は書いてある、、

ワールドレティスサロンパスカップの足跡、、

 

クラブハウスにはその足跡が贅沢に展示されている、、数年分だ、、、

 

 

 

 

凄まじい、グリーン周りの難しさ、、、

一見普通の林間コースと思いきや、戦略的なコース、

まさに

上田治の傑作のひとつだ、、、、

上田治は当時井上誠一と双璧で、京都大学農学部で林学、造園学を学んでいるようだ、、、

おそらく私にはわからない、ここらへんの専門性が、コースに含まれているのだろう、、

 

なぜか、普通の林間コースにない落ち着きと、雄大さ、、など感じられる、、、

いろいろな意味で考えさせられる、コースだ、、、

 

やっとここでラウンドできるのだ、、、

 

前日は眠れなかった、、遠足前の子供のように、、、

過去2年分のワールドレティスサロンパスカップ!のビデオを5~6時間以上は見ていた、、

数週間前の鈴木愛の死闘及び

アンシネの登場などで過去最高動員となり、キムハヌルの圧倒的強さで幕を閉じた昨年の

ビデオを見ながら深夜、気を失うように眠りについていた、、、

 

 

 

結果は、

 

IN48 OUT43 TOTAL 91 29パットだった、、

 

 

ワンパットが9回あった、、、こんなこともあるのだ、、

グリーン設定が幸か不幸か、ワールドレティスサロンパスカップ!で使われていた起伏の大きいAグリーンではなく、

比較的起伏の少ないBグリーンであったことと、キャディーさんの的確な指示のおかげだ、、

 

起伏が少ないとはいえ、体感で、11フィートくらいはあっただろう、決して簡単なグリーンではなない、、

上田治特有のガードバンカーも難しい設定だ、、、

造形美も素晴らしい、、さすが京大農学部、、といった感じだ、、

 

 

 

 

ラウンドスタート、、、、

 

西コースは、カートはない、歩きだ、、名門にありがちだ、、

数週間前このコースを何周も歩いていた、、

準備は万端だ、不思議と落ち着いた気持ちになった、、、

 

 

INスタートだ、、、

 

キャディーさんとの会話は、サロンパスカップのシンジエ逆転イーグルの話から入ったが、毎日聞かれているようだ、、、

あまりのってこない、、

キャディさんはゴールデンウィークすべて休みだったようだ、、

他のゴルフ場ではかきいれどきで考えられないのだが、、

ゴールデンウィークの茨城ゴルフは、多くのキャディーさんはお休みをとれるらしい、、、

 

サロンパスカップをやっているからだ、、

 

小さなお子さんがいるキャディーさんで、お子さんと一緒に過ごせたようだ、、

ちなみに茨城県でも待機児童問題は、深刻だ、、ここ茨城ゴルフでは、そのようなキャディーさんのため、提携している保育園があるようだ、、キャディーさんが安心して働く上でもいいゴルフ場だ、、キャディーさんにへのホスピタリティーも十分だ、、

他にも待ち時間色々聞いたが、、残念ながら、割愛します。。いい話でした、、、

 

□10H

フェアウェイ右バンカー顎高い,

右の林も厳しそうだ、、

 

グリーン回り4つのバンカー、、最後まで難しそうだ、、

 

3打目右ガードバンカー超えもなんとか3オン ボギー発進!!

 

なぜかBグリーンではなく、Aグリーンにボールが行く、、

こんなことが多く今日はパーオンが少ない、、やはり昨晩、

Aグリーンで繰り広げられていたワールドレティスサロンパスカップ!をたっぷりビデオで見ていたからか?

 

 

 

 

 

□11H

左OB まっすぐなミドル

 

ティーショット引っ掛けはしたが、なんとかスリーオン、、ワンパット パー!!!

 

□12H

 

広いロング途中邪魔な松の木もあり、、ティーショット 右にどっスライス、、!!

出すだけの二打、、無念、、

 

グリーン手前左に池あるがなんとか克服し、、ダボ、、、、、、

林に入れたら、、ダボ以上 覚悟の林間コースだ、、

 

 

 

□13H 左OB危険、、

 

右バンカーのからうまくキックして、ワンオンピンそば1.5m

 

このバンカーに入らず、いいキックだった、

なんと上りのフックライン 鈴木愛のような強気なパットで

バーディーーーーーーー!

 

□14H

 

目の前の池を越えると左にフェアウェイバンカー

右に林

難易度大も綺麗なコースだ、、

 

とっところが、、、!?!?!?!

右の右の、、

右の林にプッシュスライス、、不安な橋を渡り、右の林にボールを探しに、、

この橋も無情にも林の方向に進んでいるようだ、、そこにだけは行きたくなかった、

バーディーーをとった後の油断だ、、、完全に調子に乗っていた、、

 

なんと、ボールは隣の15Hのティーグランド脇の池まで行っていたようだ、、

15Hのティーグランドの方々に深々頭を下げながら、、、

やはり、名門コースの方々、怒ってはいない、、ちゃんとキャディーさんが

ファーを言ってくれたからか、、

「池に入ったようですよ、、、、、」とのこと、、

素敵な池だ、、鯉も素晴らしい、、があまり、いい思い出とならなくなった、、

痛恨のトリ、、、、

 

 

□15H

 

 

トリプルボギーの後の気持ちが重いまま、、

ティーグランド隣には先ほどのホールの痛恨の思い出したくない池が、、名門には必ずいる高い錦鯉、、

お腹空いているようにも見える、、「ボール食べたのかなぁ、、」なんてバカみたいなことを言うと、

なんとキャディーさんが、そんなことないよと言わんばかりに

池の淵にあるボールを見つけてくれた、、すいません、ボールなんて食べないよね、、

名門コースの鯉が、、 お腹空いているように見えたが、、ちゃんと美味しい餌を食べているようだ、、名門なので、、

 

 

 

だが、本日一番モチベーションが上がらない、ショート

グリーン手前池とバンカーがとてもいやらしい、、

案の定 右手前のバンカーへ、、嫌なことは続く、、、

 

 

15Hここからは、思い出したくもない、悲劇が、、

バンカーからツーオンせず、、出るには出たが、ショート、、

3オンも完全に冷静さを失っている、

痛恨の4パット、、強気でオーバーしすぎる、「ショートパットはずし病」が発症した。

なんとこのショート 7点 +4

さっきのショートはバーディーだったから合わせて9点。割って4.5点として、

ダボじゃないんだ、、なんて思って、、、忘れるしかない、、、 苦しい、、

 

 

□16H

 

 

広いフェアウェイも右バンカーと右小さい林に注意し、

なんとか、3オンそしてくだりのワンパット、、パーーーセーブ、

落ち着きを取り戻す。。

 

 

 

 

 

□17H

あのシンジエの感動の逆転イーグルがあった、ロング !

Bグリーンは距離がない、もちろん2オン狙いだ、、

 

 

左フェアウェイバンカー顎高いので注意 さらに左池があり、

 

残念ながら、、ティーショット 右林に入れ、無念のダボ、、

イーグルどころではなかった、、、、

このコースは林に入ったら負けだ、、諦めてダボもしくはあわよくボギーを狙ったほうが無難だ、、

 

 

□18H

 

左ドッグ 左バンカー超えが理想、、

 

このバンカーだ、、この左のバンカーだ、、

無情にもバンカーへ、、、いいドローだったのだが、、

 

なんとか、バンカー脱出、、木の先のここから、3打目、、、

 

3打目はガードバンカー右も

4オン、、今日はここからがいい、ワンパットなんとかボギー、、

 

大叩き2回あったせいか、、歳と同じ数字 ハーフ48、、、、

パットに救われたようだ、、

 

 

なんとか昼となった、、

古風な素敵なクラブハウスに帰ってきた、、

 

レストランも伝統を感じる、、

 

選んだメニューは茨城特産の常陸牛100%のハンバーグだ、、

なんと地酒は霧筑波を筆頭に茨城産の美味しそうなものばかりだ、、

何年か前なら、確実に日本酒をオーダーしていたのだが、

最近は飲めなくなってきたことと、心から西コース後半を堪能したいため、

地酒は、自重した、、霧筑波は味があって美味しいのだが、、、

 

 

レストランはあの有名な富士屋ホテル直轄だ、、

やはり何から何まで、一流だ、、

 

サイドメニューもいい、、紫カントリーも富士屋ホテルレストランだったか、、

 

 

 

後半のスタートだ、、OUT

 

 

□1H

 

広いフェアウェイ、、サロンパスカップでも長くここにいた。

とことこん一番ホール?だったか、テレビにも写っていたようだ、、、

 

 

フェアウェイ及びグリーン周りのバンカーがきつい、、

 

ここは難なく、パー発進!!!3オン ワンパット、、、

ワンパットが多い、、パターの調子もいいのだが、

前半ワンパット4回

後半ワンパット5回となるのだが、、

やはりパーオンを外しても必ず、いい感じのアプローチができる。58度の抜けがいい、、

1、2m以内によるのだ、、このような整備の行き届いたコースは、アプローチでエッヂが自然とボールの底へ入っていく、、

いい感じでロブショットとなり、いいところで止まる。

この感覚がこの一番ホールで確信に変わった、、ここから反撃に変わる、、、、、

 

□2H

 

右ドッグも右に松の木途中、急にフェアウェイがとてもとても狭くなる、、

 

この木に遮られて、4オンも今日はここからが違う。。

見事数mの上りワンパット、、鈴木愛パット!!!のような強気な、

ボギー

 

□3H

ティーショット クリークか、、

その前にバンカー三つ、、

短いが、難しいロング

 

無情にも左の二つ目のバンカーへ、、

また辛い橋を渡らなければならない、、橋もやはり前半と同じように悲しいバンカーへ向かっているようだ、、

ここらへんも上田治の設計通りなのか、、?

 

ここからも長い、、

 

バンカーも多い、、記憶がなくなったのだが、、

6オン 2パット トリ、、、、反撃すぐ終わる。

 

 

 

□4H

ハンディーキャップ「1」の難しいミドル

 

一見簡単そうだが、右サイド ラフと土手、、

 

左ドッグ3オン 今日はここからがいい、、ワンパットパー

また鈴木愛パット!!!

鈴木愛パットについては詳細を別の記事で示したい。。

 

 

 

□5H

本日最後のロング、、、今日はロングでことごとく失敗している、、

シンジエの奇跡に逆転イーグルを昨夜何回も見てしまったからなのかあ、、

イーグルなんていい、、ボギーでいいのだ、、

右ドッグ 右にバンカーと林

 

ここは慎重にボギーオンでもいいのだ、、と3打目 ちょっと距離がある、、

 

やはりパーオンできず、バンカー越えが残る、、4オン2パットボギー、、これでいいのだ、、

シンジエではないのだ、、落ち着いてできた、最後のロングだった、、、、

 

 

 

□6H

ショート 手前池 グリーン回りバンカー

噴水登場、、

なんとか、、ワンオン、、落ち着いてきた、、、

慎重に2パットパー

 

□7H

とても狭い、、池も気になるが、

左右林プレッシャー、、左フェアウェイバンカーがブラインド

しかも左OB浅い。ここは左の林に入れてしまうも、、

慎重に、「ダスダケ」で4オンここもワンパット、、、ボギー

これでいいのだ、、ボギープレーで、、しかし今日はパットがいい、、

 

□8H

バンカーに囲まれたショート

ここは手前のバンカーに入れたくない、、グリーン左オーバー

2オンここもワンパット パー パットもいいのだが、アプローチもいいのだ、、

グリーンまわりの芝もふかふかでエッヂが打ちやすいのだ、、、

 

□9H

右ドッグで右に大きな木と小さな林群があり、 左狙いもその右の方へ、、

 

なんとか、これらの林を超えていた、、

 

2打目視界は開けているも、、右のバンカーが怖く、左に外す、、

これでいいんだ、、と言い聞かせて、

ここから、落ち着いて3オン2パットのボギーフィニッシュ!!!!!

 

後半43 のなんと

 

13パット、、、、

 

トータル 91 の29パット、、、、

90切りはならなかったが、、、

 

決してドライバーは良くなかった、

アプローチとパットに助けられた、、

そして

鈴木愛パットに、、、

 

鈴木愛パットについては、他の記事で詳細を書きたい、、、、

 

トーナメントを見てビデオを見てパットは十分緊張してきたが、Bグリーンということもあったのか、はやかったのだが意外な結果だった。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、疲れた、、、カートでない歩きのせいもあったかと思うが、

心地いい疲れだ、、これでまた夢がひとつ実現した、、

また次の夢に向かって進んでいかなければいけない。

 

ロッカーに進む途中、左側の壁であのキムハヌルが微笑んで迎えてくれていた、、

笑顔で「お疲れさん」と、、

昨日は夜遅くまで一緒だった、、、、キムハヌル

(正確には夜遅くまでこのコースでのキムハヌル優勝ビデオを見てただけだが、、、)

 

疲れを癒す、お風呂場 さすがだ、、名門コースには必ずある彫刻、、、

どこまでもいいゴルフ場だ、、、

 

 

 

 

忘れられない3Hの橋だ、同じく無情に着弾したバンカーに続く橋、、(再掲)

 

忘れられなくなった、、バーディー直後の右の林に入れた後の

右の林へと続く、14Hの橋とだ、、、

夢に出てきた、、(再掲)

今度は、安心してこの橋を渡りたい、、、

 

ワールドレティスサロンパスカップ!

 

TOP PAGE!!!へ戻る。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA